今日のお悩みは、

『旦那さんが何回言っても、何回注意しても直してくれません。』

よくあるねえ。同じことをさ、何回注意しても。
まあ旦那さんもそうだし、子どももそう。全然直してくれない、直す気がない。

『何回言わすの!何回言ったらわかるの!』

私もね、よく言ってました。イライラ妻だったころね。夫の幹生に何回言えばわかるんだと。

ちょっとね、数えてみたことがあるんだけど。もの凄い嫌になっちゃったね。

自分がどんだん回数が増えていくと自分も自己嫌悪だし、言ってるのも嫌だし『何なのホントに!』って思いました。

坪田塾っていうさ、ビリギャル。すごい人気が出た、ビリギャルの本書いてる人いるじゃない?坪田信貴さん。その人がなんと、本当に数えてみたんだって。

さあ問題です、人は何回言ったらわかるんでしょうか?
すごい数だよ、びっくりするよ。

532回だって。

532回言えばわかるんだって。『何回言ったらわかるの!』って、それは532回言えば、旦那さんもわかるし、532回言えば子どもも、わかるんだって。

すごいね~1回や2回。3回や4回『ドア開けっ放しにしないで!何度言ったらわかるの!』って言ってもダメ。

あとはドア開けっ放しとか、電気つけぱなしとかさ、便座の蓋を上げない閉めないみたいなやつとかさ。トイレットペーパーを使ったら、なくなってたら補充しろとかさ。シャンプーなくなってたら補助しろとかさ。

うちなんか補充してくれるのはいいんだけど、補充したその袋みたいなつはそのまま置いてあるとか。やることがいちいち中途半端なんだよっていうね。

脱ぎっぱなしとか、脱いだのが逆さまになってたりとか。こっちは裏返して、こっちは~みたいなさ。何回言ってもビールの空き缶は置きっぱなしにするなとか、食べた食器は持ってけとかさ、自分で洗えとか。

色々いろいろ何回言っても
『何回言えばわかるんだ!何度言えばあなたはわかるの!』
ってお怒りの気持ちはわかるんですけど、500回以上言わないとわからないということが、坪田先生の実験により判明しました。

ってことはよ、よく考えてみて。

532回言うのは嫌じゃん、アホじゃん。数えるのも嫌だし。ということは、これは言ってもしょうがないってことよね。

言っても直んない、何回言っても直らない。

だったら、言うんじゃなくて怒るんじゃなくて、違う方法を考えたらいいのよ。

私が普段教えている『妻活theSCHOOL』っていうスクールで教えている、いろんな方法があるんだけれども、一番簡単な方法が一つあります。

それは、、、

『システムを変える』

です。

「システム」って私はよく言うんだけど、システムってのは仕組みとか動線とかのこと。そうものを変えると、以外とうまくいくケースもあります。

具体的にどうするか「何回言ってもわからない」っていう夫とか子どものために、怒らないでシステムを変えれば、何が、どううまくいくかの話はまた次回に!

森洋子
森洋子
この記事はYoutube「妻活チャンネル」で公開した動画の文字起こし版です。妻活チャンネルもぜひ見てくださいね!チャンネル登録もよろしくお願いします!


キーワードで記事を探す↓

夫婦のイラッを解消する
無料小冊子&メルマガをプレゼント!

怒りとのつきあい方にフォーカスした「イライラ妻卒業バイブル」をプレゼント。
さらに! 妻活力を上げる秘訣や具体例が満載のメルマガ付きです!

▼ 今すぐゲット!▼

1分診断!夫婦のラブラブ度チェック!

「最近会話がない」「仮面夫婦かも?!」夫婦仲がうまくいってる人も、いってない人も、仲良し度をチェックしてみませんか?
5問のクイズに答えて、夫婦のラブラブ度をチェックしよう!